会社情報 - 最新情報

エブロ盆地 (2017年 09月 24日)

貯水量: 3382 hm³
貯水最大量: 7511 hm³
貯水率: 45.03%

アルダラ・ファガビ、モロッコ国際農業見本市に再出展

SIAM 2014のアルダラ・ファガビ社ブース

アルダラ・ファガビは、モロッコで開催された国際農業見本市に今年も参加いたしました。国際性の高いこの大規模なフェアは、業界の顧客とセールス担当者が集まる絶好の場であるだけでなく、当業界では代表的な展示会となるに至っています。

第9回を迎えた「モロッコ国際農業見本市」は、前年に比べ出展者用スペースが大幅に拡大され、世界50カ国以上から1000社を上回る出展者が一堂に会しました。アルダラ・ファガビのビジネス戦略を確立させる、まさしく格好の展示の場といえます。

アル・ダラ・ファガビ 欧州会議CIDE 2013に出展

アル・ダラ・アグリカルチャー最高経営責任者ホッサム・マフムード

アル・ダラ・アグリカルチャーはこのたび「乾燥飼料欧州総会CIDE」に参加いたしました。会議は9月18日、19日、20日の3日間にわたりセビリアで開催され、ミゲル・アリアス・カニェテ農業環境大臣が出席しました。

またアル・ダラ・アグリカルチャーは、招待講演者としてこの国際会議に参加。アル・ダラ・アグリカルチャーの最高経営責任者ホッサム・マフムードがアルファルファ部門の将来に関する講演を行い、需要が高い市場について紹介いたしました。

今回の会議には大勢の講演者が登壇しました。中でも欧州乾燥飼料専門家連合会(CIDE)を構成するスペイン国内の8協会の会長をはじめ、米国、中国、アルゼンチン、カナダからの講演者が講演を行った他、160名以上を超える招待者が参加しています。

アルダラ、スペインのアルファルファ製造業者と会合

イバルス・デ・ルジェルを拠点とする飼料メーカー、アルダラ・ファガビは、去る9月10日(火)、スペインの乾燥アルファルファ業界のメーカーとの昼食会を開催。

このイベントは、アル・ダラ・アグリカルチャーの副社長兼アルダラ・ファガビの社長ハディム・アル・ダレイ氏、およびアル・ダラ・アグリカルチャーのゼネラルマネジャーを務めるホッサム・マフムード氏という、アブダビのアル・ダラ・アグリカルチャー・グループ最高幹部による主宰で行われました。また前述の両氏と並び、レリダを拠点とする企業アルダラ・ファガビの主要幹部ジョセップ・マリア・ガセット氏(ゼネラルマネジャー)、アブドルガーニ・エッツィトウニ氏(執行責任者)、ホセ・ミゲル・バレンスエラ氏(財務部長)も同席しました。

アルダラ・ファガビは、相互の絆を深め、アルファルファに関する今後のキャンペーンに関する話し合いを目的として、ベルビス(レリダ県)のレストラン「ラ・ボスカナ」に業界の幹部約50名を集結させました。こうして、アルダラ・ファガビは今後も信頼し続ける業界の主要メーカーを確保しました。

アルダラ・ファガビ、モロッコ国際農業見本市に出展

アブドルガーニ・エッツィトウニ(最高執行責任者)とジョルディ・ガセット(マーケティング部長)

アル・ダラ・アグリカルチャーは、2013年4月24日~28日にかけてメクネス(モロッコ)のサーリジ・スアニにあるバシン・デ・ラグダル見本市会場で開催された「モロッコ国際農業見本市(SIAM 2013)」に出展。アル・ダラ・アグリカルチャーは出展者としてこの国際フェアに参加するのは、今回が初めてです。

SIAM 2013は、モロッコの農業・海洋漁業省および国際農業連盟が主催するフェアです。またこの見本市が商品販売への大きなチャンスであることを考慮し、農業で大きな潜在力をもつ地域に開催地が定められています。

アルダラ・ファガビ、ドバイの展示会アグラ・ミドルイーストに出展

ラシェド・アーマド・ビン・ファハド

環境水資源大臣

アラブ首長国連邦のラシェド・アーマド・ビン・ファハド環境水資源大臣が、国際見本市「アグラ・ミドルイースト」でアル・ダラ・アグリカルチャーのブースを訪問。

写真の左から右に向かって、ラシェド・アーマド・ビン・ファハドUAE環境水資源大臣、スレイマン・アル・ヌアイミ(エジプトのアル・ダラ・ゼネラルマネジャー)、ホッサム・マフムード(アル・ダラ・アグリカルチャー最高経営責任者)、アブドルガーニ・エッツィトウニ(スペインのアル・ダラ・アグリカルチャー最高執行責任者)

カセット・グループとアル・ダラ・アグリカルチャー傘下のスペイン企業の合併により新会社アルダラ・ファガビが誕生

ハディム・アル・ダレイ閣下

アルダラ・アグリカルチャー副社長兼業務執行取締役

アルダラ・ファガビは、ガセット・グループとスペインのアル・ダラ・アグリカルチャー・グループの合併により設立された企業です。この新会社は、飼料の年間生産能力36万トン以上を誇り、140名以上の雇用創出が見込まれています。

「この合併は、皆にとってプラスの要素となると想定され、大きな未来があると私は信じています」。去る12月20日(水)、バルセロナ市内カタルーニャ・コングレスホールで行われた合併発表でこう語るのは、ガセット・グループのホセ・マリア・ガセット社長。なお、この発表には約千人の招待者が駆けつけました。このコメントについては、アル・ダラ・アグリカルチャー副社長で業務執行取締役のハディム・アル・ダレイ閣下も同意見で、今後数年間でカタルーニャ州およびアラゴン州における投資の拡大が期待される旨を発表。

またこの会見には、ラシェド・アル・シュラキADFCA局長(アブダビ食糧管理検査局)、在バルセロナ・アブダビ領事、アル・ダラ・アグリカルチャー幹部、バルセロナ州農業省地方サービス部長、レリダ県議会議長(在レリダ中央政府副代表)をはじめとする有力者の姿も見られました。


Cuenca del Ebro (19-09-2017)

Agua embalsada: 3382 hm³
Capacidad: 7511 hm³
Porcentaje: 45.03%